日本アンドロイド総合研究所(Android-J)設立趣意書





名  称

本会は正式名称を「日本アンドロイド総合研究所」とし、略称を「Android-J」とする。

www.android-japan.org
www.android-j.com

設立趣意

Google社のオープン携帯OSとして世界的に普及しはじめたアンドロイドOSは今や日本においても、ノートPCに変わるネットワーク携帯端末として様々な容で普及し始めています。
本研究所は日本におけるAndroid OSが利用者に早期に理解され日本における様々な場面で活用されるためサポート役として、多数のAndroid技術者を養成するためアンドロイドエディケーションをはじめ、Android技術者を保有する全ての開発事業者に対し開発受託並びに機器の紹介等を通し日本におけるAndroid普及に貢献する事を目的として設立します。


● 行う事業は以下の通りです。

1. Android エディケーションの実施と認定

2. Android アプリケーション開発事業者フォーラムの実施

3. Android 機器の販売

4. Android 開発アプリのプレスリリース

5. 開発依頼者と開発受託事業者とのマッチング事業の実施

6. Android に関するニュース情報の発信

以上の実施事業を通し日本アンドロイド総合研究所(Android-J)は、Androidに関連を持つ企業、団体、 個人の、Consortiumとして活動してまいります。


(設立背景)

日本におけるAndroidは現在携帯電話キャリアーの一部のスマートフォンとして紹介され販売されていますが、Androidは日本のように囲い込み型の携帯キャリアーが販売するのではなく既に世界では様々な端末がそれぞれのビジネスモデルによって販売され、大変な勢いで普及し始めています。

それは、Google社のフリーな思想によりリナックスのように誰でもがニュートラルにその技術を入手出来る仕組みであると言えます。そのようにAndroidが目指すフリーな開発環境から生まれる様々なアプリケーションは当然日本でも普及していく事と考えています。

そのような背景の中、日本におけるAndroid技術の促進とその機器の発展をサポートするため本日本アンドロイド総合研究所を設立しました。





 

連絡先は、tanida@android-j.com
 
  代 表     谷 田 良 一  










●Copyright(C)AndroidReserchInstituteJapan (日本アンドロイド総合研究所) All rights reserved